ケータイデンワ
b0010968_272848.jpg

私はケータイが大好きです。
一時期、相当ハマってて、どの機種がいつ発売するとか
どんな機能があるだとか、全部わかっていたような記憶があります。
今はもうかなり妥協しちゃってるけど
昔は最新機種じゃなきゃ納得できなかったですねぇ。

で、今使ってるのがV401SA。
昔ならV602SHを買っていたでしょうけど
ちょっと遊ぶかという気持ちで初めてシャープ製を捨て、サンヨーにしてみた。
まぁ、このV401SAの使い勝手だとかは「イイ」の一言で片づけておいて…
ケータイの思い出を書きたい。

僕が初めてケータイを親に買ってもらったのは、中学2年生の時でした。
今思い出してもかなり懐かしいですが、ケータイを持つキッカケとなった
友達の一言は一生忘れないと思います。
今考えたら別に普通のことなのですが、友達がケータイをもう持っていました。
J-PHONEのケータイね。(なんでヴォーダフォンに統一しちゃったのか、今でも不満)
で、友達が言うわけです。

友達 「え~オマエまだ持ってないの?」
gh85 「当たり前じゃん~すげぇねぇ~もう買ったんだ?」


まぁ、当たり前なのです。当時は携帯電話なんかというのは
ビジネスマンくらいのものじゃないのかといった感じだったのです。
しかし、まぁ少しずつは高校生や大学生などにも浸透し始めていた時期でした。
で、友達が言います。

友達 「あのなぁ~これからはもうケータイ同士で友達と連絡取る時代だで!」

今でも忘れられません。
そのたった一言で1週間後にはもうケータイを買ってしまいました。
関西セルラーでしたねぇ、1個目のケータイは。
でも、メールはできないというよくわからないケータイでしたが
当時はメールができない機種もたくさんあったのです。

メールができないのはどうも納得がいかないと
また親を「J-PHONEのファミリー割引なら相当安いから、みんなで変えよう!」と説得し
念願のJ-PHONEデビューを果たしました。
当時、うちの学校ではドコモよりJ-PHONEだという流行のようなものがあって
私も当然J-PHONEにしたわけです。
しかも、念願の12月5日発売J-SH51という機種を買いました。
その当時としてはもの凄い機能を搭載していたように思います。なんだったけ?(笑)
えっと、確かTFT液晶の6万色というのが画期的だったように憶えています。

J-SH51を買ったその日に初めて送ったメールは
当時の彼女に対してのメールでした。人生初めてのメールを
最愛の彼女に送れたことがその時は嬉しくてたまらなかったなぁ。
彼女とはその後、辛い別れ方をしましたが…
その時のメール、彼女はもう残してないでしょう。
でも、僕の白ロムと化したJ-SH51には残っています。

今回買い替えたV401SAにもたくさんの思い出が詰まることを願って。。。
おやすみなさい。

(たまにはこういう真面目系も書こうっと)
[PR]
by gh85 | 2004-08-20 02:21 | モノ欲
<< DIOR HOMME ついに関... 福原愛ちゃんのサァッッ!!! >>