大麻はたばこより無害はウソっていうニュースたち(メモ代わり)
特集ワイド:それでも大麻、吸いますか? 「たばこより無害」の大きな誤り(上)

 薬物乱用が止まらない。特に、俳優・中村雅俊さん(58)の長男(31)も逮捕(14日に起訴猶予)された大麻汚染は広がりを見せている。「たばこより無害」と信じる人もいるが、待ってほしい。大麻は覚せい剤にもつながる「薬物連鎖の玄関」なのだ。【根本太一】

 ◇月に1回が2回、やがて週1回に 神経侵され「誰かに追われている…!」
 「誰かに追われている」。川崎市の岡崎重人さん(28)が身の危険を感じたのは、21歳の秋だった。友人のアパートでコカインを吸った帰り道。自宅に戻ってトイレへ隠れるように駆け込んだ。数時間たっても「襲われるかもしれない」恐怖は消えず、一人おびえて窓の外をうかがった。

 最初は大麻だった。以前、鉄製の筆箱に隠していた大麻を母親に見つかったことがある。「ハーブ」と言い繕ったつもりが、適当に名を挙げた「買った店」まで母は確かめに行き、うそが知れた。「絶対にやめる」という言葉だけは、信じてもらえた。

 今度は違う。知識は持っていたけれど、実際に体験した妄想・幻覚は衝撃だった。「二度と手を出さない」。そう約束し母は安堵(あんど)していたが、心の中で舌打ちした。「イカれた原因はコカイン。大麻は悪くないんだよ」

 薬物に手を出したのは、教師を目指した大学受験に失敗したころ。同級生に誘われ大麻を吸った。「パッと楽しくなって。また『いきたい』と思ってさ」。月に1回のペースが2回、週1回になった。

 外国人の密売人から買うと1グラム当たり5000円。高純度で「効く」物は1万円。アルバイト代では追いつかず万引き、恐喝、消費者金融からも借金した。予備校を経て入った大学も、薬物のせいか、意欲がうせて中退した。

 「化学合成の麻薬と違って大麻はナチュラル(天然)で安全」。いったんは「薬物から逃れる」と宣言し北海道で1人暮らしを始めたものの、大麻をやめる気は毛頭なかった。現地で就いた警備員の職は、勤務中の吸引が知れて解雇された。仕事の合間に、大麻の自生場所を見つけていた。

 「9月ごろになると大きく育って、収穫できるんだ」。もう金は必要ない。どっさりアパートに持ち帰り、大麻と酒に酔える。たまには人にも売って生活費も稼ぎ出す。来年も、春になればまた芽が生えるだろう--。大麻でも、コカインと同様、神経を侵されるとは思っていなかった。23歳のある日、ふと背後に人の気配がした。

 「誰かに追われている」


特集ワイド:それでも大麻、吸いますか? 「たばこより無害」の大きな誤り(下)


新潟県中越地方の小西憲さん(61)と妻美代子さん(56)は、小さな駅舎の片隅で長男(32)と向かいあっていた。02年の2月の夜。2メートルを超える雪が積もっている。「家には入れないよ」。福島県のリハビリ施設「磐梯ダルク」から逃げ出した長男に、施設に戻るよう説得を続けた。

 「おれ死ぬよ」。自殺をほのめかされても、首を縦には振らなかった。最終電車が出た後、長男に使い捨てカイロを手渡し、置き去りにした。「突き放さなければ、共倒れになってしまう」。憲さんの信念は固かった。

 異変を知ったのは99年ごろ。東京都内の専門学校を中退し、うつ病と言うので通院させた約1年後だった。医師から「覚せい剤をやっていたそうです。薬物依存症です」と明かされた。深夜のバイト仲間に誘われ、始めたらしい。

 だが、入院のたびに脱走を繰り返し、看護師の詰め所からは抗うつ剤を盗んでくる。薬局で風邪薬を万引きする。大量に摂取すると、覚せい剤と似た症状を引き起こす市販薬もあるという。さらには自宅でのリストカット。

 「愛情が足りなかった」。美代子さんは自分を責めた。公立保育園の仕事を休んで病院に見舞い、万引きが分かれば店で頭を下げた。自殺防止に家の包丁も隠した。家族全員が疲れ切っていた。そんな時、ダルクの存在を知った。

 依存症者が集まる民間リハビリ施設が、「ダルク=DARC」(Drug Addiction Rehabilitation Center)。薬物を断ち切れずおちていく人、立ち直る人を共同生活で間近に見て、自分の道を選択する。全国に約50カ所あり、仲間で支え合いながら社会復帰を目指す。

 磐梯ダルク担当者の忠告は簡潔だった。「甘やかす限り治りません。行き着く先は精神科病院か刑務所か、あるいは遺体安置所か」。リハビリ生活による「自律」の道は残されていた。「親が決然と構えなければ、お互い半殺し状態が続きますよ」

 駅舎で別れてから2日後の夜、長男が家の前に立っていた。隣町で野宿をしていたらしい。「入れてくれよ」と何度も玄関の戸をたたいて叫ぶが、鍵を開けなかった。北陸の雪は雷鳴とともに降り注ぐ。「暖かい布団で寝かせてやりたいよ」。情を押し殺し、警察に長男の「保護」を依頼した。狭い集落をパトカーの赤色灯が照らした時には、涙は枯れていた。

     ■

 政府が昨年8月にまとめた第3次薬物乱用防止5カ年戦略によると、覚せい剤や合成麻薬、アヘン、大麻の検挙人数(07年)は1万5175人。覚せい剤が8割を占めるものの、大麻の2375人は10年前の約2倍に増加した。20代の乱用が顕著という。若者はなぜ薬物に走るのか。

 「インターネットで手に入りやすくなった。目標や夢を持ちにくい社会で、今が楽しければいい風潮が要因」と推測するのは、埼玉県立精神医療センター副病院長の成瀬暢也さん。「ださいイメージのシンナーとは違ってファッション性もある」

 軽い気持ちで始めると命取りになる。「たまに吸う『乱用』がいつしか、切れると不快感となる。しまいに妄想や幻覚、幻聴を繰り返す」。これが薬物依存症で、成瀬さんによると「意志が弱いからやめられないのではなく、治療が必要な病気」なのだ。

 川崎市の岡崎さんは、今はNPO「川崎ダルク支援会」の責任者。「自分が病気だと受け入れ、新しい生き方を求めて前に進むことから始まる」と話す。約3年前に母(享年59)を病気で亡くした時「クリーンな心と体で見送れたのが救い」だった。

 小西さんの長男はダルクによって薬物依存から脱したが統合失調症と診断され、1人アパートで暮らす。小西さん夫妻は新潟県「家族会」世話人として奔走するが、家族の高齢化が進み、「本人の更生を見届けずに亡くなる方も多い」と嘆く。

 若者よ、それでも、大麻を吸いますか?


現場発:サーファーに広がる大麻汚染 「たばこより無害」のうそ /宮崎


 若者の間で大麻汚染が広がっている。県警は今年3月までに11人を検挙、そのほとんどがサーフィン関係者だったという。宮崎市内のサーフショップ経営者ら=大麻取締法違反罪で逮捕・起訴=のアパートなどからは、乾燥大麻約2キロが押収され、プランターによる栽培も確認されている。【川上珠実】
 事件発覚後、市内のサーフショップには苦情の電話が相次いだ。サーファー=大麻の風評に、県サーフィン連盟の土居睦生理事(50)も落胆の色を隠せない。
 「裏切られた思いだ。本当に波乗りが好きな人間は、いい波が来る前夜は酒も飲まないんだ」
 同連盟は「家族で楽しめる健全なスポーツ」をモットーに、県体育連盟への加盟を目指している。ビーチクリーン活動に取り組むなど風紀管理に力を入れていただけに、大麻は地道な活動に泥を塗る行為となった。
 ところが取材に応じたサーファーの中には「先輩から『サーファーなら大麻くらい吸えよ』と誘われた」「大麻が禁止されていない国もあるのに、なぜ日本では違法なのか」と罪の意識は希薄で、害に無頓着な者もいた。
 県警によると、大麻が急速な広がりをみせた背景には、注射器を使わずタバコのように吸える▽種子の所持は規制対象にならない▽末端価格が0・1グラムで約1万円の覚せい剤に対し、大麻は1グラムで約5000円--などが挙げられる。また、インターネットでも入手できるという手軽さや、シンナーとは違ってファッション性を求めて広がったともみられる。
 「大麻は依存性がなく、たばこより無害」と、まことしやかに語られる。が、果たしてそうなのか。
 依存症患者を専門に治療する大悟病院(都城市)の内田恒久院長は「自分にとって好ましい変化が生じれば、使用頻度は増え、依存に陥ることは十分にある」と話す。
 宮崎大付属病院(清武町)の有森和彦薬剤部長も「大麻を使用すると幻覚作用が起こるため、認知機能に障害が出てくる。大麻をきっかけに覚せい剤など他の麻薬を使用するケースは多い」と警告する。
 ◇後遺症に悩む日々、ダルク入所の女性
 薬物依存者のリハビリ施設「宮崎ダルク=DARC(Drug Addiction Rehabilitation Center)」(戸山実香代表、宮崎市)で、更生に励む女性(35)がいる。14歳で大麻を覚え、やがて覚せい剤へとおぼれていった。
 「薬は怖い。大麻はたばこより害がないなんてうそ」と後悔し、後遺症と戦う日々を送っている。
 千葉県出身。9年前、「地元の仲間と関係を絶ちたい」と東京のダルクから移った。12歳で母親と死別。父親は2年後再婚した。新しい母親と顔を合わせるのが嫌で、渋谷のセンター街などを徘徊(はいかい)し始めた。麻薬はそのころ覚えた。
 「吸った瞬間、体の中が熱くなり、そのうち眠りに落ちた。目が覚めると鼻血が流れていた。なんだ、こんなものかと思った」
 やがて覚せい剤に手を染めた。毎月の薬代は十数万になり、薬欲しさで密売人のやくざと交際した。常に疲労感があり、誰かに見られているという妄想にとりつかれた。
 25歳の時、覚せい剤所持で逮捕され、両親の勧めでダルクへ入寮した。ここで重症依存者たちと接し、初めて薬物の恐怖を知る。
 30代の男性は度々、施設を抜け出し、覚せい剤を打った。その最後は公園のトイレ内。包丁で自らの胸を刺し、落命した。大麻依存症の20代の女性。明るく、常人と変わらないように見えたが「今度、東京にいる彼氏と結婚する」とありもしないことを急に言い出すなど話がまったくかみ合わなかった。いつの間にか施設から女性の姿は消えた。
 「一つのことに集中できないし、人がしゃべっていることがうまく理解できないことがある」と女性は後遺症に悩んでいる。入寮後、レジを打つアルバイトをしたが、数字が覚えられず、すぐに辞めてしまった。
 宮崎ダルクに入寮後は、薬物には手を出していない。今は施設のスタッフも務める。しかし、本格的に社会復帰ができるのか不安は消えない。だからこそ、彼女は警告する。
 「私は寂しさから薬を使ってしまった。でも心を開いて助けを求めれば、力を貸してくれる人は必ずいる。薬を使う前にもう一度、考えてほしい」
 女性は最近、母親に手紙を出した。本当は寂しかったという思いと、入寮を手助けしてくれた感謝の気持ちをしたためたという。


<考察>


大麻はたばこより無害ではないという見出しにも関わらず
実際にそうなのかどうかを検証している記事ではない。なんで?
結局は、社会とか世間に反抗気質のある若者が
法律で禁止されている大麻をやってみて大したことないから
じゃぁコカインじゃヘロインじゃと暴走した結果
ダルクとやらの施設にお世話になって薬物って危険!とほざいてる記事。
ダルクとやらの宣伝?とも思える。
結局のところこういう記事の多くは
麻薬と大麻をごっちゃにしているのが多い。
麻薬の麻は麻酔の麻、大麻の麻は「あさ」の麻。
全くもって性質が違うことが基本で、しっかりと記事にするべき。
もともと大麻が合法だとしても、彼らはコカインやヘロインの
覚醒剤をやっていたと私は考える。
詰まるところ、麻薬はゼッタイダメというだけの話。
大麻関係ないじゃん…いやマジで。
こういうところで、どうも大麻関係の圧力を感じてしまうのですが、
実際のところどうなんだろうなぁ。ちゃんとした情報が欲しい。
[PR]
by gh85 | 2009-04-22 02:09 | ニュース・時事
<< 音楽寅さん見た ホンモノ探求 >>