1リットルの涙。
どうしても伝えたくて、書きたくて、gh85です。どうも。
なんと言っていいのかわからない。最近。挨拶。

私は昔からテレビドラマが大好きです。
前にも松嶋菜々子主演の救命病棟24時がごくせんよりも
満足度が高いということで喜んだ記事を書かせてもらった。
ごくせんも良いんだけど、私の好みでは無かったので。
まぁその当時の話はどうでもいいとしてだ。
私は、ドラマをとりあえず1回目だけは観る。
よっぽど興味の無いドラマ以外は1回目だけは必ず観るようにしている。
で、2回目から観るドラマというのはかなり少なくなる。

今回、唯一2回目を観たドラマが『1リットルの涙』なのです。
沢尻エリカが可愛すぎるという話は当然として
普通にドラマとして魅入ってしまうのだ。本当に。

私はドラマをなんとなしに見ているつもりでも
『ここをこうすれば良いのになぁ』とか
『あの女優をもっとこういう使い方にすれば良いのになぁ』とか
『なんでこんな演出でOKが出たんだろう』とか
いかにもドラマを作っている側のような感情がついつい出てしまう。
これは私がカッコ良く言っちゃえば、クリエイティブなことをしているからだろうか。
まぁそんなカッコ良いことでも無いんだけども
なんか、ついついそんなコトばっかり考えてしまって純粋にドラマを楽しめてないのです。

しかししかし、今回の『1リットルの涙』。
純粋にドラマとして楽しめております。凄く嬉しい。
沢尻エリカが可愛すぎるから可哀想に思うのか
陣内孝則と薬師丸ひろ子という有り得ないほどのキャスティングからなのか
もうそんなことどうでも良いくらいに素晴らしいドラマだなぁと思いつつ
魅入ってしまう。ついつい感情を揺さぶられてしまう。
ありきたりな話なのにね。
なんか世界の中心で愛を叫ぶをちょっとイジったみたいな話なのにね。
セカチューのアキちゃんなんて、1年以内に死んでしまう設定なのにね。

でも、本当に何故だろう。セカチューでは全く泣けなかったけれど
沢尻エリカより長澤まさみの方が好きなんだけど
何故か、何故なのか、涙が溢れて止まらなくなりそうになる。
ていうか、3回目のエンディングら辺は本当に泣いた。
たぶん、ドラマで泣いたのは初めてかも(笑)

なんか、今までドラマの感想とかで『ドラマで泣いたのは初めてです!』なんて意見を
バカじゃねぇのかなんて思って見てたけど、
本当に泣いてしまった。やばい。なんか恥ずかしい。
そんなことをブログで暴露してる自分も恥ずかしい。

感想はそんなところで、間違いなく最終回までキッチリ録画して
毎回、毎回、溢れて止まらない涙に耐えながらテレビの前に座るんだ。
素晴らしいドラマ。誰かがクソドラマと言ったって私はこれを認める。
たぶん、DVDも買う(笑)というか、沢尻エリカはやっぱり凄い。
以下、『ドラマ』というカテゴリにふさわしいドラマ的なお話をしていこう。



まず、沢尻エリカという女優はやはりここまできたかということを話したい。
この子がフジテレビのビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー2002を受賞した時に
ちょうど、フジテレビの『笑う犬の~』コントにたまたま出ていて
そのコントがまた素晴らしい出来で、面白かったついでに
こんなに可愛い子が出てきたので、まぁその当時はビビったものだった。

で、ビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤーをネットで検索しまくって調べて
沢尻エリカの名前を知って、やべ~可愛い~とかほざいてたのだけれども
やはり、やはりやはり、ドラマの主演をするまでになった。

かなり昔の話だけど、釈由美子がアホバカキャラで売り出していたころ
『うわ~ありえね~女だな』なんて思っていた私は
釈由美子とかすぐ消えるなおいとかも同時に考えていて
そんなことを考えている時に、たまたま釈由美子が深夜ドラマに出ていて
真面目でカッコ良い演技をしているのを見て
『あのアホバカキャラを辞めて、こっちに来れば確実に行けるなぁ』と考えた
その時の気持ちと似ている。えっと、沢尻エリカを見た時は。

そう、ただ可愛いだけでは売れない。鈴木えみとか顕著な例だよね。
まぁあれを可愛いというかは賛否両論かもしれないけれど。
ちょっと話が変わるけど、鈴木えみの逆が内山理名みたいな子だと思っているんだけど
その話をすると長くなりそうなのでやめよう。
超簡単に言ってしまえば、顔とスタイルが良くても声と演技が悪ければ
演技には出してもらえないし、内山理名みたに顔がオトコから人気なくても
それなりの人あたりの良さと、演技と声の良さがあれば
何故かドラマに出続けられたりするってことで。
こんなことを考えているのは私だけかなぁ。

で、沢尻エリカの話。
ビジュアルクイーンから3年経ってようやく得られたドラマの主演。
正直、私からしたら3年はかかり過ぎだと思うくらい。
もうちっと早く映画とかに主演で出てれば早くなったかも。
パッチギは随分と良い仕事をしたんだと思う。井筒監督もビビったと思う。きっと。

で、私の勝手な推測だけども、パッチギを認められての今回の『1リットルの涙』出演。
パッチギを残念なことに、まだ観てないのでわからないんだけども
ドラマになってダメになる女優も多いので
最初はドラマに主演で出るってなって、
どうなのかなぁ、これで視聴率取れなかったら、大事な才能がまた落ちていくかなぁとか
色々と考えるところがあったんです。
しかも、ドラマの内容が暗くて重いから視聴率は取りにくい。
どっちかって言うと、危険なアネキとか鬼嫁日記とかそういう方が
今のストレスフルな時代にはマッチしてるんじゃないかみたいなのもあるし。

でも、私の考えだけど、危険なアネキも鬼嫁日記も面白くない。
面白くないというより、失敗している。特に危険なアネキ。
これは視聴率取れないと思う。取ったらごめん。私が世間とズレてるんだ。
でも、私の考えとしては、伊東美咲をああいう人なつっこいアホキャラで使うことは
制作陣にとってもギャンブルなんだろうけれども
やっぱりダメなもんはダメだと思う。まして、できる綺麗な女で出ていた
電車男の後だ。あんなにギャップを持たせてしまうと視聴者は離れてしまうんじゃないか。

だから、やっぱり『1リットルの涙』である。
もし、『危険なアネキ』の月9の視聴率を抜けるのなら私は凄く嬉しい。
視聴率が全てじゃないけれども、次の仕事に繋がるのはやはり視聴率なんだ。
また次の沢尻エリカも観てみたい。
でも、忘れちゃいけないね、陣内孝則と薬師丸ひろ子が最高。素晴らしい。
特に陣内孝則は天才的だ。
前の菊次郎はあまり視聴率を取れないだったろうけれど
今回は陣内孝則のおかげで視聴率が上がっていきそうだと感じている。
娘を最高に愛してる演技をやらせたら上手いねぇ。本当に。尊敬する。
陣内孝則が泣かせたといっても過言じゃない。是非これからも頑張って欲しい。
薬師丸ひろ子も天才的演技力で母親を演じている。演じきっている。

あと、成海璃子の存在も決して忘れてはならない。
この子も将来道を外さなければ大物女優になれると思う。
これだけ、池内家が最強だったらばこのドラマは大丈夫だろう。
なんか、これを観る前は菅野美穂と玉置浩二のドラマが演技的には一番かななんて
思っていたけど、やっぱり『華』も重要なんですね。
やっぱり、『あいのうた』は視聴率が悪いらしい。
それほど悪いドラマだとは思わないけれど『華』が足りないんだろうかね。
2回目からは観なかった。今期は『1リットルの涙』。このドラマだけ観ていく。

そんなわけで、ワケのわからん文章になりました。ご了承下さい。
沢尻エリカは最高の女優です。はい。
あと、ちなみに、主題歌より挿入歌の方が素晴らしい。
この『1リットルの涙』に一つだけ欠点があるとすればそこ。
『天体観測』のバックミュージックを全部バンプにしたように
このドラマも全部レミオロメンにして欲しかった。
とりあえず、『粉雪』が最高に良い。素晴らしい出来。
『蒼の世界』の3倍は売れる。・・・と思う。たぶん。
『蒼の世界』も嫌いじゃないですけどね。私は。
まぁでも、Kの声もやっぱり良い。音楽カテゴリでいつかは書こうと思っているK。
でも、曲のアイデアを出し尽くしてしまって
今までの良いところの切り貼りになっている気がする。今回の曲は特に。
かなり才能のある歌手だなと思っていただけにそれがちょっと辛い。
でも、まぁ良いよね。最終回まで楽しみで仕方がない。
[PR]
by gh85 | 2005-10-26 23:35 | 映画・テレビ・CM
<< ワンクッション。 ちょっと更新。 >>