2009年 05月 27日 ( 1 )
逆転のオトコになる
おはようございます、gh85でございます。
朝まで飲んで朝に起きて今眠れません。

昨日…というか今日はお仕事を兼ねて友人と飲み。
今週は飲みの予定が多い。これからも増えてきそう。
仕事をやるぞと行動をし始めたため。
加速の法則でどんどん勢いついてきている。

まぁそれはともかく、飲んでいてちょっと見えてきたものがある。
『逆転』という考え方・スタイルだ。
今日ちらっとクックパッドの新書を見て
Amazonのレビューも見た。
クックパッドは有名なレシピサイト。私もたまにお世話になる。
レビューでクックパッドがこう紹介されている。

『ユーザーを増やすことが目的ではない。
それでは料理が楽しくなりませんから』

これが私が言うところの『逆転』ってやつだと思う。
ありとあらゆる商用サイトの目的はユーザーを増やすことなのに
それをあえて蹴って…いる風に見せながら
後々の理由付けでブランド力を高めている…感じだろうか。
なかなか文字では説明がつけにくいけど
結構これは色んな場面で使える。
『逆転』なことをする人ってやっぱり注目される。
ただ、あくまでも上手く『逆転』しなきゃいけない。

ビジネスの経営者が『お金は稼がなくていい!』なんて言うと
面白いんだけど、その後にはしっかりとした理由付けを行わないといけない。
そんなこと言ってて破産しちゃったらただのアホになる。

ビジネス関係の『逆転』で上手いのは上記のクックパッドや
チームラボの猪子寿之社長だ。
猪子社長は本当に『逆転』が上手いなぁと感心している。
例を挙げると

『英語なんて勉強しなくていい!だって…』
『コミュニケーション能力なんて必要ない!なぜなら…』

私はこの辺の猪子社長の発言には驚いた。
普段私も常に『逆転』を意識しているので
インパクトの薄い『逆転』では全然驚かない。
でも、猪子社長が言う後の理由付けは非常に上手い。
だって…やなぜなら…の後の部分は興味のある方は調べていただきたい。
あとはワイキューブの安田社長も『逆転』がかなり上手いですね。

で、いきなり低レベルな話になるけど(笑)
私が今日一緒に飲んでた女の子たちに使った『逆転』。

彼氏に絶対車が無いとイヤって言う女の子に
『車なんて必要ない!三輪車で良い!(笑)』
とかなんとか言っておいて
『周りのオトコ共は車持ってるヤツばっかりでマンネリ化したでしょ?
これからは三輪車の時代だよ。絶対おもろい!今度三輪車でドライブだ!』
とかなんとか言って…って低レベルですね(笑)
まぁでもこんな感じでいわゆる『ウケ』を狙っていくわけです。

つまり、今まで世間一般の考えで生きてきた人生の中に
インパクトのある『逆転』を使って驚きを与えてあげる。
そうすることで、『この人、面白いな』という感情を生む。
『この人、寒いな』と思われないように
後の理由付けの部分を上手く言えるように訓練していくわけです。

あと、さっきの車好きの女の子にはそういう話に持って行く前に
かなり突っ込みを入れた会話をしてました。
ブランド好きだって言うので
『ブランドなんて、韓国の路地裏で買ってもパリで買っても一緒だよ
韓国人が鼻糞ほじりながら作ってるか
フランス人が鼻糞ほじりながら作ってるかの違いで
フランス人からしたらオレが鼻糞ほじって作ったモンを
よくもまぁ5万も6万も出して買うなぁなんて思われてるよ?』
そんな感じで普通のオトコならブランド似合ってるなどと褒め出すところを
ブランド買うなんてバカじゃないの?…とまではいかないまでも
彼女の価値観を軽く否定しておくわけです。
で、『この人、ちょっと怖い、何なのだろう』と思わせておく。
この“ちょっと怖い”が重要で、“怖すぎ”と思われたらダメ。
(ちなみに、ブランドは本物買ったほうが良いに決まってます。念のため)

その後、上手いこと会話誘導して三輪車でウケを狙っていく。
文字にすると『寒い』んですが、結構女の子の食いつきが変わります。
短時間で興味を引きつけて、他人との差別化を図るわけですね。
『今度ドライブ行かない?』と普通に誘うよりも圧倒的に有利にはなります。

普通のオトコは『オレ、エルグランド乗ってるんだ』とか何とか言って
モノで興味を引きつけて『今度ドライブ行かない?』に持っていくんですが
モノなんて結局人間力で勝負できない証拠ですからね。
後々、運転のやり方だとか会話のつまらなさで飽きられてしまう。

で、少し話が戻りますが『この人、ちょっと怖いな』と思わせておいた後に
いきなり『三輪車』なんていうワケわからん会話が来ますから
女の子の潜在意識の中で
『なんだ、この人別に怒ってるわけじゃなかったんだ
しかも普通の人は言わないこと言って、なんとなく面白いな』
と、『ウケ』プラス『安堵感』を与えることが出来る。
もちろんそれまでの会話誘導の上手さは磨いていかなくてはなりません。
この『ウケ』と『安堵感』で大きなものを与えられるとどうなるか。

与えた側の価値が上がるんですね。

これは今日かなり成功しちゃったのでこうやって記事にしておきたいんですが
三輪車の話をした後くらいから当然女の子の食いつきが変わって
さらには私に対して敬語になったんですね。無意識です、これ。
ここまで行くとあとは何をオファーしてもOKをもらえると思います。
普通のオトコならばブランド好きな女の子に対して
ブランドを褒めて、さらには買い与えてしまったり
もしくはブランドを買うくらいの余裕はあるよとかね。
(↑こんなこと言わないと思っていても、無意識のうちに
このような自慢混じりの会話になってしまうことが男性は多い
私もついつい出てしまうのでかなり意識して抑えてます)
そうやって女性にナメられていくわけです。
価値がなかなか上がらないか、むしろ下がった状態で
付き合ってしまうわけで、こういう女性がつけあがっていく原因になるんです。
別にそこに良いも悪いもありませんけどね。

まぁそんな感じで今日は楽しかったです(笑)
ちなみに、今回の女の子には全然興味が湧かなかった…というか
ブランド好きで車持ってないオトコなんて最低でしょっていうような子に
どこまで突っ込めば価値を上げられるかなと思ったので
『逆転』を意識しながら試してたんですけど
こういうタイプの女性にも一応効くんだなとわかって良かったです。
ここ1年くらいはこんな研究ばっかやってたりします。
アホですね(笑)失礼しました。
[PR]
by gh85 | 2009-05-27 10:45 | わたくしゴト