<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2月のおわりに
更新が滞ってしまっております。
gh85です、こんにちは。

2月はバタバタとしながらも充実した月でした。
それにしても、もっと仕事をしなくてはお金が続きません。
3月からはバリバリ稼げるよう努力してまいります。

さて、ニュースカテゴリってことで
真央ちゃんの話題から入りたいですが
とりあえずトヨタの問題から。
記事のタイトルだけを羅列します。

「暴走」レクサス、転売された後はトラブルなし

「恥を知れトヨタ!」証言に疑問噴出 時速160キロで携帯って…

「電子制御装置」に欠陥あるのか トヨタ車の急加速・急発進で疑念

アメリカでは大ブーイングのようですが
果たして真相は…といったところでしょうか。
証言の内容が陳腐過ぎるのは毎度のことというか。
人間の記憶だから曖昧でしょうがないのかもしれないですが
こりゃ陰謀論が蔓延っても仕方がないような。
トヨタのやり方が個人的には好きじゃないし
労働者に対しての扱いなど疑問はあるものの
アメリカの嫌がらせと映ってしまう部分もある。

キム・ヨナの採点に関しても疑問が残るばかり。
もちろんノーミスは素晴らしいんでしょう。
でも、オリンピックは技術力を文字通り「競う」のだから
審査員の主観で採点できる表現力で大幅の加点とはいかがなものか。
真央ちゃんが完全ノーミスであれば文句の言いようもあるのでしょうが
後々採点基準のおかしさを指摘されればとは思っています。
そもそもオリンピック自体も結局お金中心なのかもしれませんね。

(『さらに…』に追記しておきました。もうこれ以上はウダウダ言いません。
スッキリとした気持ちで春を迎えたいと思います)


<トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと>

・キムヨナがフリーで3回も使う2Aの基礎点が突如3.3→3.5点にUP。加点をつける基準が難しい3回転と同じなので、簡単な2Aの前後には工夫ができあっさり毎度3L以上の点に

・3Lzと3Fの踏みわけが厳格化され、真央が1試合3回使う得点源であり3回転で一番基礎点の高い技3Lzが不正扱いで使う度平均2,3点も減点修正しない限り組み込めなくなる

・真央の甘かったシットスピンの認定基準も厳格化。しかし真央即座に対応し深いシットスピンに

・実はキムヨナも3回転で2番目に基礎点の高い3Fの不正があった。ところが何故かキムヨナの不正3Fだけは見逃され続け驚異の加点それでも真央が2008年ワールドで優勝してしまう

・その直後、来シーズンから今度は回転不足の厳格化を発表更に3Lz跳べないでる浅田に、浅田の得意な3回転半を除いた3回転5種類を跳んだ場合のボーナスを出す情報が流れる

・予想通り真央の3Aと3L、安藤の3L、特に二人ともセカンド3Lが怖いぐらい全く認められなくなる

・ところがキムヨナの得意なセカンド3Tだけは決して回転不足にならず初戦のアメリカ戦で3Fがまた見逃される。しかしVTRではっきり3Fの不正が映ってしまい、2戦目からエラーではない「!」の注意がつくも、彼女だけマイナスにならず小さいながら加点がつき続ける。

・真央が3Sを克服しLzもなんとか矯正してくる。対照的にキムヨナは3Lが跳べなる真央が文句のつけようのない演技をしてGPF優勝するといつの間にか5種類ボーナスの話しが立ち消えに

・五輪シーズン、8月に韓国でルール改正決定。真央の最大の得意技3Fも、蹴る足がつま先ではなくブレード全部で蹴ってるからと減点に。ジャパンオープンで矯正しても不正扱いされ浅田の最後の砦3Fも減点、しかもいじっていびつになり質が悪化、ついでに3Tも減点ジャッジが登場

・2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループ5輪シーズン、彼女のループを2回転含め全て潰す意図が明確にキムヨナは3Fの不正は再び注意もつかなくなり、フリーでは3Fを跳ばずに世界最高得点更新


上記が本当のことならば、本当に悲しい限り。
結局真実は闇の中になるんでしょうか。
何者かの利益のために、どうしてもキム・ヨナに金メダルを取らせたい。
100%勝てるようにする過程でとんでもない点数が出たとしたならば
その部分は今後のためにも決して見逃さないようにしていただきたい。

さらに…
[PR]
by gh85 | 2010-02-27 16:26 | ニュース・時事