努力とは何か
こんばんは、gh85です。
明日の1月締めくくりは良い日にしたいと思います。

今月も暇なようで忙しいようで
あれよあれよと日々は過ぎてしまう。
もっと時間を大切にしなくてはならない。

最近色んなことがあったのだけど
ある一つの出来事がものすごく印象的だったので記事にしたい。

『努力』

この2文字の抽象さといったらもう言葉では表せない。
「頑張れ」もそれに近いものがあるのだけど
良い意味で使われることが多いからそう批判も出来ない。
「頑張らない」のほうがよっぽど悪い印象にもなる。
だけど、うつの人に「頑張れ」と言ってはいけない…
とかいう情報が広まると途端に「頑張らない生き方」なんて本が出る。

考えてみれば良いお話なのだ。
凡人以下の人間が自らの努力によって成功するというお話。
文章にすればたったこれだけの話は
実はものすごく深く重く暗い下積みを経ている場合が多い。
それはそれは本当に凡人以下では耐え切れぬような下積みが。
でも良いお話になってしまうと「成功する」という部分の
印象しか残らなくなるというのが厄介だなと思う。

様々な場面でこの「良いお話」を聞かされながら
「アンタも頑張りなさい」と
これまた抽象的な言葉で行動を強制されてしまう。
だけど、さらに考えてみると問題があることに気付く。

『本当にいかなる境遇の人間にも努力が出来るのか』

これを言ってしまうと努力好きの人たちは
怠慢な人間の言い訳でしかないとバッサリ斬られてしまう。
いつもそれは可哀想なんじゃないかと思っていた。

人間の能力は平等では無い。
私はそのことがものすごく悲しい。
私は生まれてからずっとずっと恵まれているからだ。
もちろん恵まれていてもコンプレックスは存在する。
上には上がいるから。
それでも、それにしても、
人間的に圧倒的不利を受け過ぎだろう!と
言いたくなるような人たちも存在する。

私はそのような人を最近見てしまったのだ。
実際目にしてしまってからは
その人たちの人生を考えずにはいられなくなった。
「努力」なんて言葉は全く役に立たないと思い知らされる。
同情なんていう陳腐な表現をしたくないけれど
ただただ幸せに生きて欲しいと願った。

圧倒的不利な境遇にいる人たちを見て
居た堪れない気持ちになり
自分がどれほど恵まれているかを痛感させられる。
そういう気持ちを忘れたくはない。
自分の境遇に感謝して最高の人生を生きたいと思う。
[PR]
# by gh85 | 2011-01-31 00:55 | わたくしゴト
アカデミー賞
こんばんは、gh85です。
サッカー応援しながらも記事を書こうと思います。

アカデミー賞のノミネート作品が決まる。
朝のニュースでそう伝えていた。
外国語映画賞に『告白』がアジアからの作品では
唯一選考に残っているのだそうだ。

私は湊かなえさんの『告白』が出た時に
ちらっと立ち読みして1章の面白さで単行本を買った。
映画化されたその時は
ちょうど『踊る大捜査線3』がやっていたが
あまりの作品の酷さからか
レビューは『告白を観たほうがいい』と書かれていた。

私は『踊る〜』に1800円も払ってしまった大馬鹿者です(笑)
今でも『告白』を観にいけば良かったと思っている。
今ちょうどレンタルされているみたいなので借りたい。
興行収入は38億円だそうだ。素晴らしい興行成績である。

で、その『告白』なのだけど、アカデミーの選考からは外れた。
外れちゃったかぁという気持ちと同時に
日本にとっては良かったかな…とも思った。

アカデミー賞はある意味政治的な利用をされている。
これはほぼ間違いのないことだと私は確信している。
2008年リーマンショックの年、
外国語映画賞を受賞したのは『おくりびと』だ。
それ自体は素晴らしいことだとは思う。
それでも手放しで喜べることではないとも思う。

2008年はノーベル賞まで4人も出ている。
オバマ政権になってから初めてホワイトハウスに呼ぶのを
日本の麻生首相にしようと決めたのもこの年だ。
ハッキリと政治利用だと思う。
アカデミー賞をやる、ノーベル賞も大量にやろう。
ホワイトハウスにも日本が最初ってことにしてやる。
だからこれからも日本奴隷国民の集めたカネは
アメリカに流し続けるよう努力しなさい…
…ホントかどうかは知らない。
ただ私は確信している。ただそれだけのこと。

だから『告白』がノミネートから落ちたことは
少し悲しいが、ホッとすることでもあるのだ。
ただ、これからも日本映画界が良くなることを願います。
『KAGEROU』の映画は観に行きませんけどね(笑)
[PR]
# by gh85 | 2011-01-25 23:50 | 映画・テレビ・CM
2011
明けましておめでとうございます。gh85です。
今年は更新頻度をグンと上げていきたい所存です。

2010年は途中から更新する気が失せてしまい
ずっと放置してしまってました。
更新しようしようと更新ページは開くものの
なかなかキーボードが進まない状態が続きました。

このブログは私が凹んだ時に始まったもので
更新しては復活し、また休んでは凹んでは更新…
そういう繰り返しをしてきたのですが
ここ最近ずっとバリバリ元気だったので(笑)
なかなか更新できなかったのかなと思います。

学生生活を終えてからの時間はとにかく楽しい日々が続いています。
だから凹むことが無くなってしまったのかなと思います。
最近お金は全然無いんですが、人生は充実していきます。
特に精神的な何かを手に入れたつもりはないのですが
心は穏やかでかつ健康な身体で精力的に活動できています。
今年も「ホンモノ」を追い続けていければと思っています。

現代は大変な時代になってしまいました。
就職なんて誰でも出来るからとりあえずしておけという時代に
私は就職という形を取りませんでした。
周りの友人たちは社会人4年目に突入していきます。
サラリーマンというのはキツいお仕事だと思います。
多くの友人たちは「いつ辞めるか」を考えています。
「絶望しかない」と言った人もいました。

「内定」というあやふやなモノを手に入れるために
頼むから奴隷にしてくれと土下座する時代になってしまいました。
国家が何たるかさえ知らずに
国の財産で一生を保障してもらおうという考えを
親が子に植えつけた結果
なりたい職業一位が公務員になってしまいました。

そんな時代の中で私を救うのは「自由」です。
日本は世界で最も「自由」を手に入れやすい国です。
しかし本来自由の国である日本に住む国民は
最も「自由」というものに臆病になってしまいました。
己の人生を己の力で切り開いていくことよりも
お上の考えに沿って奴隷として飯を喰らうことを
選ぶ人間がどうも増えてしまったように思います。

ここまでこんなことを書いてきましたが
今の世界に不満があるわけではありません。
日本は世界一ご飯が美味しい国です。
日本は世界一女性がオシャレでキレイでカワイイ国です。
日本は世界一簡単にお金が稼げる国です。
日本は世界一眠っている間の治安が良い国です。
日本は三大欲求の全てを最高レベルで満たせる最高の国です。

漫画家の福本伸行氏が日本に生まれただけでサイコロ六の目と言ってました。
まさしくその通りだと思います。
だからこそ己の望む理想の人生を構築したいのです。
2011年も妥協の無い素晴らしい一年にしたいと思います。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
[PR]
# by gh85 | 2011-01-06 02:28 | わたくしゴト