現実とは厳しいものなのか
遅くなりましたが、JR福知山線で亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈りいたします。
さらに、怪我をされた方々には1日も早い回復を祈ります。
特に私は関西で、通学で通る地域ですし(福知山線は使いませんが)
非常に身近な事件と感じ、心が痛みました。
9.11の時はあまり現実感の無い映像に頭が真っ白でしたが
今回の事件においては、塚口や尼崎といった
聞き慣れた地名と共に、私自身の友人なども住んでいる地域なので
もう本当の意味で愕然といたしました。
神戸の地震に続いて、悲惨な事件に目を覆いたくなります。
今回は人災の可能性が高いようで、JRにはしっかりとした保障をお願いしたいものです。
私が偉そうに言えた立場ではございませんけども。
私が通う大学からも死者が出たらしく、本当に他人事ではありませんでした。
知人・友人の中にはこの電車を利用していた人もいたみたいで
あの映像を見るたびに身体の震えが止まらないそうです。
電車の中にいた人々はさらなる恐怖が存在しているんでしょう。
4両目だから良かったとかそういう次元ではない気がします。
ただ、1両目や2両目の方で生存していた方がいたのは真剣に嬉しく思います。
さらに、救助隊の皆様のコメントを聞くたびに涙が出そうになりますが
本当に素晴らしい仕事をなさっていると思いました。
こんな小さなブログという場所でこういう事を述べてもたいした影響はないとは思いますが
救助隊の皆様に最大の栄誉を与えて欲しいと思います。
私も生きているということに感謝して、これからも頑張っていきたいと思いました。


さて、ここで話を変えます。
やっと、3曲分の聴かせてもいいだろうというデモCDができました。
まぁ所謂、シングルCDみたいなものなんですけども。
とりあえず3曲入れて作ってみたんです。
アルバムの11曲中8曲、9曲はほぼ構成が完成しているのですが
まだまだドラムとかがしっかりしていないのでまだ出せないし
時間もお金もかかるだろうということで、今聴かせてもいいかなっていうレベルの
3曲を先にCDにしてしまって、みんなに聴いてもらおうと思ったんです。

で、聴いてみました。できたばかりのCDを。
そしたらね、メチャ良いんです。はい(笑)
3曲目はアルバムに入れるのが最初から決まっていた曲なんですけど
これの出来がビックリするくらい良くて。
というかね、これは久々の経験だったんだけども
『これ、全部自分で作ったんだっけ?あれ?』みたいな感じを受けまして。
自分で作った感覚が全く無いというかね。ホントに。
マジで?みたいな。すげぇな、これっていう(笑)

大学の友人とも話していたんですけども
たぶん、音楽の才能と自分の人間としての資質の
バランスが取れていないんだと思うんです。
人間としての資質をもっと高めないと
自分が作った曲としっかりと対面できないっていう。
それはミスチルの桜井さんもそういうニュアンスみたいなものを
話していたのを見たことがあるんですけどね。
まぁ、まだまだそのレベルには達していないけども
なかなか良いものができたとは自分では思っています。
とりあえず、みんなに聴いてもらって、どんな反応が来るのかが楽しみ。
ボーカルにとりあえず2枚分のCDを渡しておきました。

こうやって、私が作った曲が色々と広がっていくのは本当に楽しみ。
ゴールデンウィーク明けにはもうちょっとちゃんとしたものを作って
ちゃんとマスタリングをした上で、みんなに配ろうと思います。
5月は勝負の月です。がんばります。
[PR]
by gh85 | 2005-04-29 14:27 | わたくしゴト
<< 予兆 最近のタイミングについて。 >>